KNIGHTS OF ROUND「The Meaning of Life」(2016)

   

日本のメロスピバンドの4thアルバム。

何度かコラボもしているDragon Guardian系統のファンタジックシンフォニック・メロスピバンドの新作アルバムです。
前から存在は知っていてライブも見たことあるのですが、なんだかんだで音源は持っておらず、今作が初購入です。最近購入したVeiled in ScarletALHAMBRA同様Walküre Recordsからのリリースです。

非常にポジティブで、RPGなどのゲーム音楽っぽさも感じさせるメロスピサウンドです。歌詞は日本語(以前は英語詞?)。

早速#1から気持ちの良いメロスピが聴けます。クワイアがまた良いですね。キーボードソロも聴けます。Aメロがアニメ「進撃の巨人」のEDだったchinema staffの”great escape”を思い出します。
#2はかなり爽やかでキャッチーな曲。日本語詩もあってアニソンのようです。
#4はこれまたゲーム音楽のようなメロディが印象的なメロスピ。サビはちょっと東方っぽいです。ラストの泣きのギターが良いですね。
#7はエキゾチックなシンセが印象的なミドルテンポ曲。ヴォーカルメロディーはポップでキャッチーです。
ドラムソロで始まる#8は比較的パワフルなリフですが、サウンドがヘヴィじゃないので聴きやすいです。疾走はしませんがサビがキャッチーでGOOD!
パイプオルガンのようなシンセで始まるラストの#10は途中から疾走する待ってましたのメロスピです。ソロもクサい!

過去の音源をほとんど聴いていないので比較が出来ないのですが、ハイクオリティなRPG系シンフォニック・メロスピアルバムです。全曲メロスピというわけでなく、曲によっては日本語詞ということもあって、まるでアニソンのようにも感じます。また、サウンドはあまりヘヴィではないのも特徴的です。あとはヴォーカルがちょっと好き嫌い分かれそうかな・・・?ハイトーンヴォーカルで上手いのですが(バンドサウンドにはマッチしていると思います)。

先に挙げた部分がガチガチのメロスパーにはウケが悪いかもしれませんが、ゲーム音楽や同人音楽なども聴くようなクサメロ好きのリスナーなら間違いなく楽しめると思います。最近はこういうサウンドも少なくなってきた気がするので、今後も頑張って欲しいです。日本のRPGメタルも今年出たTwilight Forceに負けてないぞ!!(笑)


本作のトレイラー。

 - KNIGHTS OF ROUND , , , ,