2017/09/09 Pyramid ACT~カオスの百年~ @Zepp Osaka Bayside

   

THE BACK HORN、Nothing’s Carved In Stone、9mm Parabellum Bulletの3バンドによるスプリットツアーPyramid ACTに行ってきました。

東名阪の各公演をそれぞれがホストとして自主企画をサブタイトルにつけており、今回参加した大阪公演は9mm主催の「Pyramid ACT~カオスの百年~」です。場所はZepp Osaka BaysideでZepp Nambaと間違いそうなハコ。USJの近くにあり、微妙に遠い。

初手はTHE BACK HORN
ニューシングルの”孤独を繋いで”からスタート。ウォーウォー言うコーラスが盛り上がります。
“戦う君よ”や”声”などアップテンポな選曲で盛り上げ、”美しい名前”でしんみりさせた後、なんと今度出るベスト盤に収録される新曲”グローリア”を披露!!珍しいバグパイプのようなケルティックなシンセが印象的で、コーラスや明るめのサビが聴ける近年のバクホンっぽいアップテンポ曲でした。

その後は”コバルトブルー”、”シンフォニア”、”刃”というフェスや対バンではお馴染みになりつつある連続キラーで盛り上げ終了!

若干将司の喉の調子があまり良くなさそうでしたが、それ以外は安定のパフォーマンスでした。トップバッターなのに「トリ」と言い間違えていたマツのグダグダMCも相変わらず(笑)

Nothing’s Carved In Stone
二番手は元ELLEGARDENのギターによるNothing’s Carved In Stone(NCIS)。一枚だけアルバムを持っていますが、垢抜けたクールなロックサウンドが特徴で、なんというかモテそうな音楽です(笑)。個人的には垢抜けすぎていてあまりピンときませんでしたが、音源同様のクールな演奏で特にベースがテクニカルで良かったです。

9mm Parabellum Bullet
トリの9mmはいきなり1stの”Psychopolis”で一気にテンションMAX!その後も力作だった新譜の曲を中心としつつも、過去作から”Living Dying Message”や”キャンドルの灯を”など熱い曲ばかりがプレイ!”Discommunication”が聴けたのが良かったですね。本編は前作のラスト曲”太陽が欲しいだけ”でフィニッシュ。

アンコールではバクホンとNCISそれぞれのヴォーカルが登場し”Black Market Blues”をコラボプレイ!まぁ前回のコラボイベントでも演ってたんですが、やはりこれはこれで味があっていいですね。他の曲も演ってほしかったですが、ゲスト二人は一曲のみで何故か手を繋ぎながら退場。子どもか!(笑)
最後に疾走キラーチューン”新しい光”で終了!

9mmは現在ギターの滝が病気療養中のため、ゲストギタリストが二名参加しておりトリプルギターの5人体制でのライブでした。遠目には赤いギターのせいで一瞬バクホンの栄純が弾いてるのかと思ってけど全然違った(笑)。ライブは盛り上がっていてよかったですが、滝の病気が心配です。

それぞれのバンドに個性があり、充実したライブイベントでした。特にキラーチューン連発の9mmが最強すぎました。名古屋は平日で行けないので、また是非コラボツアーして欲しいですね。

 - ライブ感想