インデペンデンス・デイ(1996)73点


でかいUFOに乗った宇宙人と戦う話。

スポンサーリンク

あらすじ

ある日巨大な宇宙船が地球に現れる。アメリカは交信を試みるが、突如宇宙人から攻撃が始まる。

感想

ローランド・エメリッヒ監督作品。圧倒的迫力で描かれる大作SF映画です。

ストーリーはとにかくシンプルで、攻めてきた宇宙人と戦うだけ。ただスケールが半端ではなく大迫力のSFドンパチが楽しめます。ウィル・スミスや「ザ・フライ」の博士が出てます。

正直CGが発達した現代に観ると当時ほどの衝撃は無いのですが、公開年が1996年ということを考えると当時の衝撃は半端じゃなかったと思います。宇宙船デカすぎ!!

男泣きサスペンス好きのジョジョの荒木先生はこれ観て男泣きしたらしいです。マジかよ。たしかに大統領は男らしいけど!

難しさは一切なく、少年漫画並のストレートな王道っぷりであるのは間違いないです。20年ぶりの続編はイマイチだったようですが、大作映画好きならどうでしょうか。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする