小説

スポンサーリンク
小説

我孫子武丸「殺戮にいたる病」感想

名作「かまいたちの夜」のシナリオで知られる我孫子武丸の代表作「殺戮にいたる病」を読んだので感想。ちょいネタバレ注意。 あらすじ 惨殺、そして凌辱。何ものかに憑き動かされるように次々と猟奇殺人を重ねていった男の名前は蒲生稔。異常犯罪者の心...
小説

京極夏彦「今昔百鬼拾遺 月」感想

京極夏彦先生の百鬼夜行シリーズの外伝「今昔百鬼拾遺 月」を読んだので感想。 ちょいネタバレ注意…? 概要 今昔百鬼拾遺は「百鬼夜行シリーズ」に登場する中禅寺敦子と「絡新婦の理」に登場する呉美由紀の二人が事件に関わるシリーズで、今作「月...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました