PS3ゲーム「HEAVY RAIN(ヘビーレイン)」感想

ちょっと前ですがPS3ソフト「ヘビーレイン」をクリアしました。

どんなゲームかというと、とある連続殺人事件を4人の主人公が追うというアドベンチャーゲームです(イメージとしては428とか)。
サウンドノベルのように選択肢を選ぶだけではなく、キャラを操作してその時々で素早くボタンを押したりする必要もあります。

さらにゲームオーバーの概念がなくキャラが死んでも物語が大きく進んでいくのも特徴です。

グラフィックもキレイで、リアルな世界観をよく表現できていたと思います。
本当に映画みたいなゲームです。

うわさ通りの良作で、なかなか楽しめたのですがいくつか言いたいこともあるので以下に書いていきます。

スポンサーリンク

◯オチがイマイチ
途中までは本当に面白いです。まさに映画のようで一体どうなってしまうんだ?!とハラハラドキドキしながら楽しめました。
・・・が正直オチが微妙です。なんというか広げた風呂敷を畳みきれず無理矢理オチを付けた印象です。

ずばり言うとお前が犯人なのかよ!?・・・じゃああれとかあれは何だったんだ?!と突っ込みたくなります。
いやほんと伏線無視とか矛盾が結構あるんですねこれが。

いくつかの伏線は追加DLCで回収する予定だったようですが、三本出す予定だったのが結局一本で頓挫して後は投げっぱなしです。なんだそれ。

伏線回収はともかく明らかに無理のある犯人が納得行かなかったです。

◯システム面の問題、致命的なバグ
システム面に多少問題があります。
マルチエンディング仕様で周回を前提としているのにかなり面倒な仕様となっています。

一応章ごとにプレイできますが、選択を変えてもその後を全部続けてプレイしないとちゃんと分岐しません。
428のようにザッピングシステムをもっと上手く導入して欲しかったです。

あとたまに進行不可になる致命的なバグがいくつかあるのもひどいです。
一回だけその状態になってしまい、ちょっと前からやり直すことになりました。

◯マルチ(バッド)エンディング
マルチエンディングということでしたがほとんどバッドエンドであり、物によってはかなり救いがないのが正直辛いです。
というかキャラが死んでもメインストーリーは続くのであまり話が変わったという印象がなかったです。(まあそれはゲームオーバーが無いから仕方ないか)

このあたりが改善されていたらまさに最高のゲームだったと思うので残念でした。実に惜しい。
でも序盤から途中までは本当におもしろかったので次回作以降で改善して欲しいですね。同じメーカーのビヨンドはやってないですけど。

あとは日本版はエロシーンがカットされています。映画っぽさを醸しだすのでアリだと思いますがまあ別に無くてもいいか(笑)

それと独特の操作が結構難しいことくらいかな、結構厳し目の意見を書いてしまいましたが決して悪いゲームではないですよ。良作です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする