映画一覧

「キングスマン: ゴールデン・サークル」のネタバレあらすじ感想 良かった点悪かった点など


「キック・アス」のマシュー・ヴォーン監督によるキレッキレスパイアクション映画「キングスマン」の続編「キングスマン: ゴールデン・サークル」を観てきたのでネタバレ感想を書きます。基本的には前作同様非常に楽しいキレキレアクションスパイ映画でした。

あらすじ

謎の組織「ゴールデン・サークル」によって、ロンドンにある高級スーツ店を隠れみのにしたスパイ組織「キングスマン」の根城がつぶされてしまう。残ったのは、以前スカウトされて腕を磨いたエグジー(タロン・エガートン)と、教官でありメカ担当のマーリン(マーク・ストロング)だけだった。二人は敵を追い、同盟組織の「ステイツマン」の協力を求めてアメリカへ渡る。

以降ネタバレしているので注意。
続きを読む

スポンサーリンク

「ダンケルク」は迫力・緊張感にステータス全振りの体験映画


「インセプション」や「ダークナイト」で知られるクリストファー・ノーラン監督の最新作「ダンケルク」をこの前観てきました。

IMAXで観てきたのですが、今までに観たことが無いような衝撃の映画でした。

何がすごいってこの映画ストーリーキャラクターではなく迫力緊張感ステータスを全振りした映画だからです。

続きを読む


映画を少し補足する小説版インターステラー感想(ネタバレあり)

マイフェイバリット映画の一つ「インターステラー」の小説版を読みました。

元々が映画であり、小説は原作というわけではないのでほとんど映画と同じです。
さらにこの映画は映像や音楽が重要なファクターであり、正直小説だけ読んでもわかりにくいと思うのでまずは映画を観て下さい。

これだけだと小説の価値がほとんど無さそうですが、映画だと描ききれない心理描写など少しは補足として参考になりました。

小説を読んで参考になったところや気になったところを書いていこうと思います。

続きを読む


映画クレヨンしんちゃん 爆睡!ユメミーワールド大突撃 感想(ネタバレ無し)

映画クレヨンしんちゃん最新作のユメミーワールド観てきました。
いや~良かったですよこれは。

前作のサボテン大襲撃は悪くはないけど、過去の作品と比べると流石にまだまだという感想だった(監督も微妙だったB級グルメと同じ監督だしね)。

今作は近作の中でかなりの傑作ロボとーちゃんと同じ高橋監督が復帰!
脚本にはロボとーちゃんとは違うものの、脚本家としての評価が高いらしい劇団ひとりも参加しており期待が高まっていた一作。


予告を観てもらうとだいたい話が分かると思うが今作は夢の中が舞台!
ある日、春日部に住む住人たちが自由な夢が見られるユメミーワールドへと迷い込む。
しかしそれがだんだん悪夢の世界へと変化していく。
同時期にしんのすけ達の幼稚園に転入してきた謎の少女サキ。他人に心を開かない彼女とユメミーワールドの関係は?
かすかべ防衛隊が協力してその謎に挑む!というお話。

話はシンプルで、登場人物は少なく舞台も現実とユメミーワールドを行き来するのみ。
架空の世界と現実を行き来するのは三分ポッキリ、かすかべ防衛隊が中心となって活躍するのは夕陽のカスカベボーイズを思い出す。

ロボとーちゃん程の衝撃は無く、おそらく大人なら途中で(予告の時点で?)大筋やオチが読めてしまうかもしれないが、シンプルに面白い。
笑いもあるしグッと来る要素もあるので大人も子供も楽しめる良作!(悪夢の演出が子供にはホラーかも)

シンプルな分要所要所でツボを抑えており、テーマとしては全然違うジャンルながらサイレントヒル2を思い出した。

もうそろそろ劇場での公開は終わってしまうかもしれないが、機会があれば是非観て欲しい。


映画クレヨンしんちゃん全作品レビュー(という名の感想)

amazonのプライムビデオはプライム会員であればアニメ・映画などの動画が見放題というサービスである。

作品はどんどん増えており、最近クレヨンしんちゃんの劇場版が(ほぼ)全て追加された。昔からしんちゃん好きなのでこれはありがたい。

そこで映画クレヨンしんちゃんを全作見返して、独断と偏見でレビュー・紹介していこうと思う。
だんだん劣化していった最近のは見たことなかったし、昔のはおもしろかったので見たいしで丁度いい。

全部で20作以上あり、長くなったので時間がある時にでもどうぞ。

続きを読む


スポンサーリンク