小山ゆう「azumi」感想

漫画

小山ゆう先生の「azumi」を全巻を読んだので感想。ネタバレ注意。

概要

「azumi」は同作者の傑作「あずみ」の続編。主人公は同じ「あずみ」の名を持つ女暗殺者ながら、時代が江戸時代初期から幕末へと変わっており、全くの別人。直接的な続きではないものの、一応シリーズ第二部ということらしいです。ある意味ジョジョみたいなもの…?

あらすじ

時は幕末。貧しいながらも、慎ましく穏やかな
日々を送る御家人「向 駿介」の前に、突如
現れた男装の美少女「あずみ」。彼女は一体、
何者なのか…?
激動の時代の波にもまれてゆく青年「向 駿介」
と、謎に包まれた少女「あずみ」の物語が今、
幕を開ける──。
引用元:小山ゆう 作品紹介

感想

悲惨な境遇、展開や魅力ある戦闘シーンは流石の一言。特に序盤の向井家の話は嫌になるほどじっくり描かれており、胸を抉られます。また、作者どんだけ好きやねんと言いたくなる主人公あずみも年齢が少し高めになっており、第一部のあずみとはまた別の魅力あるキャラに仕上がっています。

ただ如何せん今作は終盤があまりに尻切れトンボすぎるのと、もう一人の主人公「駿介」に全然魅力が無いのが残念でした。
まだ前作みたいにまだまだ道は続いていく!の終わりの方が良かったです。ラスボス戦も取ってつけたような勝負で、全然燃えません。駿介はとにかく成長し無さ過ぎやろ…途中からずっと流されてただけな印象。

前作の飛猿や千代蔵といった魅力あるキャラクターもあまりいないのも残念…お駒さんは割と好き。

作者の別の代表作「お~い!竜馬」とのクロスオーバーも見せる意欲作ながら、イマイチ設定を活かしきれず終わってしまった作品。なんだかんだ言いながらも一気に楽しめたので決して駄作とは言いませんが、前作の方がオススメです。

miyazou
miyazou

現在連載中の「颯太の国」はちゃんと終わってくれよ~~!

タイトルとURLをコピーしました