THE AGONIST「Five」(2016)

   

カナダの女性ヴォーカル擁するメタルコアバンドの5thアルバム。

2004年から活動しているバンドで、デスクリーン両方をこなす女性ヴォーカルアリッサが大きな特徴だったのですが、2014年に大御所メロデスバンドARCH ENEMYに引き抜かれてしまい、もはやこれまでかと思われていたのですが、後任を迎えて見事復活を果たしたバンドです。後任の女性ヴォーカルヴィッキー・プサラキスもクリーン、デス共に達者で、バンドのアイデンティティーは無事保たれたようです。

・・・といろいろ言いましたが、実は未聴のバンドだったので詳しく知りませんでした(^_^;)
デスとクリーン両方操る女性ヴォーカル擁するメタルコアサウンドで、ARCH ENEMYと比べると結構ストレートな印象です(あちらはクリーンは無いですが)。デスVoは一聴して女性と分かるものですが、十分迫力があります。クリーンヴォーカルも達者ですね。本人が007っぽいと言っていたアコギ中心バラードの#7など、ホントに007の曲っぽくて上手いです(笑)

#2や#3、#9や#10など勢いがあってカッコイイですね。
#8はシンフォニックなインストで、メタルコアバンドとは思えぬスケール感で素晴らしいです。

他の楽曲も良質のメタルコアで、聴き応えがあります。

基本的に質が高いメタルコアなのですが、日本盤ボートラを入れると全15曲と曲が多く、飛び抜けた曲があまり無いのが気になるでしょうか?メタルコアなのでメロデスなどに比べると、メロディも若干のっぺりしたものに感じてしまい、あまりリピートには至っていないというのが正直な感想です。

しかし十分ポテンシャルの高さは伝わってきたので、評判が良い他のアルバムも聴いてみようと思いました。異色の#8などシンフォニックメタルの才能もすごいのでは・・・?

女性ヴォーカルメタルコアが聞きたい方はどうでしょうか。


#2のリリックビデオ。勢いがあってカッコイイです。

 - THE AGONIST , , ,