2017/1/14 DIR EN GREY TOUR16-17 FROM DEPRESSION TO ________ [mode of UROBOROS] @Zepp Nagoya

   

2017年初ライブはDIR EN GREYのワンマンライブに行ってきました。

最近彼らは過去の音源のライブツアーを行っており、今回は最強アルバム「UROBOROS」のツアーということでこりゃ行くしか無い!と参戦。2DAYS行われましたが土曜日である二日目に行きました。

この日はかなりの大雪でなかなか大変な日でした。会場に到着するものの、雪が降る中待つのはなかなかツライ。番号も遅めだったのでちょっと遅めに行ったのですが、雪のせいか若干押していました。

入場後は最近のライブ同様に後ろに陣取る。前回のSIAM SHADEのライブの時は客が多すぎて全く前が見えませんでしたが、今回は意外と見えました。京が台に乗ってくれるのもありがたい(笑)

セットリストはUROBOROSをメインにARCHEから何曲かといったもので、1日目は頭三曲がアルバム通りだったのが、今日は結構変化を加えたものとなっていました。個人的には1日目の方が羨ましい。

順番はさておきライブは素晴らしいの一言です。昔は結構ライブが残念な感じで、シングルにもダメなテイクのライブ音源を入れるなどしていた彼らですが、最近はかなり安定しているようです(多分)。2日連続だと言うのに京の喉も特に問題ありませんでした。人間離れしたヴォーカルで、凄まじいという他ないです。

ワンマンライブは初めて観るのですが、背景のスクリーンにPVを写したりライトやスモークを使ったりとなかなか凝った演出でカッコイイ。基本的にMCも無く、多少京による煽りがある程度です。

それもあり、意外と早くライブが終了しましたが、曲は17曲ほど演奏してくれました。やはりUROBOROSは最高すぎる。大作チューンの”VINUSHKA”なんか鳥肌ものですよほんと。

気になった点を強いて言えば”RED SOIL”の変態スキャットが煽りに置き換えられたことぐらいでしょうか。あとはアンコールが「アンコール!アンコール!」だったり、黄色い声援が飛び交っていたりしたのが世界観を壊していた気もしますが、これはもう諦めよう(^_^;)

普段お手頃価格のライブばかり行っているので、最初はチケット代高っ!とちょっと思っていましたが、十分その価値があるライブでした。そういえば今回ドリンク代が不要でしたが、今までで初めてかもしれません。いまいち仕組みがよくわからんです。

 - ライブ感想