2017/03/18 「デッドマン・ホラーナイト」 @伏見Jammin

   

SERENITY IN MURDERの3rdアルバムレコ発も兼ねたDeadman Walking主催のイベント「デッドマン・ホラーナイト」に行ってきました。

6バンド出演で2480円、他県からの遠征だとさらに1000円OFFという非常にリーズナブルなイベント。主にOctaviagraceとSERENITY IN MURDERを目当てに行ってきました。

ハコは名古屋の伏見Jamminというところで初めてのハコでした。なかなかに綺麗なハコで、廊下(?)にはなんと椅子まであり、休憩するのには非常にありがたかったです。音はちょっと大きかったですが、まぁこんなもんでしょう。

1番手のCruel Oneはなんだかんだで見る機会がありながら一回も観ておらず、今回も会場入りが遅れて観られませんでした。

それどころか目当てのOctaviagraceもかなりギリギリな時間帯に到着してしまい、ラスト一曲しか観られませんでした。なんてこったい。

また5月にもイベントで名古屋に来るようなので、改めて観ようと思います。

極楽浄土
事前にチェックして気になっていた仏教メタルバンド。なかなかにラウドでメロディアスなサウンドに、ユーモラスな個性があっておもしろいサウンドです。MCもユニークでした。ベースが虚無僧のようなものを被っていて、さながらバケットヘッドのようなのが良い!(笑)

こちらも5月のイベントにて再び来るようなのでまた観たいですね。

Deviloof
ガチのデスコアを演奏するV系バンドです。
クリーンVoも一切無い非常にブルータルなサウンドでした。ニッチな音楽でどこまで行けるのかはわかりませんが、今後もこの道を突き進んで欲しいです。

Deadman Walking
主催のバンドDeadman Walkingです。
MCもなども無い世界感を重視したパフォーマンスが印象的でした。曲の間に毎回SEのようなものがありましたが、若干勢いを削いでいたような・・・。

先ほどのDeviloof同様あまりメロディアスさは無いので好みからは外れますが、なかなかクールでした。

SERENITY IN MURDER
トリは新譜を発売したシンフォメロデスバンドSERENITY IN MURDERです。
楽曲のクオリティもさることながら、パフォーマンスも以前よりクオリティアップしていて非常に良かったです。

アンコールが無かったのが残念でしたが、持ち時間も45分と程よいボリュームで満足です。今後のさらなる活躍が期待されます。

目当てのOctaviagraceが観られなかったのだけ残念でしたが、なかなかに充実したイベントでした。

 - ライブ感想